「30だけど17です(原題)」のあらすじ

17歳のウジン(ユン・チャニョン/子役)は、ヴァイオリニストを目指す他校の女子生徒ソリ(パク・シウン/子役)に一目惚れする。ソリがたまたま友人のスミの制服を借りていたことから、ウジンは名札を見てソリの名前をスミだと思い込む。ある 日、ソリと同じバスに乗り合わせたウジンは告白を決意。降りようとするソリを引き留める。ところが、スミが乗ってきたため、慌てたウジンは先にバスを降りてしまう。その直後、2人を乗せたバスが事故に遭い、ソリは昏睡状態に、スミは命を落としてしまう。ニュースでスミが亡くなったことを知ったウジンは、自分が引き留めたために初恋相手を死なせてしまったと思い心を閉ざす。それから13年後、昏睡状態だったソリ(シン・ヘソン)が奇跡的に目を覚ます。だが17歳だった自分が突然30歳として目覚めた現実を受け入れられず街をさまよう。なんとか叔父夫婦とかつて住んでいた自宅を訪ねるが、その家は現在は舞台デザイナーとなったウ ジン(ヤン・セジョン)が甥のユ・チャン(アン・ヒョソプ)と暮らす家だった。お互いの存在に気づかないソリとウジン。そんな中、行く当てのないソリはウジンに頼み込み、ウジンの家で居候することに。こうして3人の奇妙な同居生活が始まった!

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話女子高生のソリは少し天然な面もあるが、バイオリンの腕は超一流で、ドイツの音楽大学に進学が決まっていた。そんな彼女を登校中に見かけ思いを寄せていたウジンは、偶然、バスの中でソリに話しかけられる。しかしそのバスが交通事故に遭い、ソリが死んだと思い込むウジン。事故から13年の歳月が経ち、舞台デザイナーとなっていたウジンには、ある癖を持っていた。それは、気になった物があると、周りを見ず一心不乱にそのサイズをメジャーで測るのだ。仕事は優秀でも、事故のトラウマで他人との係わりを避けてきたウジン。姉夫婦の海外出張のため、その息子である甥のユチャンと暮らすことになるが、彼らが住む家は昔ソリが叔父たちと暮らした家であった。一方、あの事故で一命を取り留めたソリだが、ある日、13年振りに目を覚ます。しかし自分が17歳から30歳になっていることを受け入れられずにいた。そしてなかなか見舞いに来ない叔父を探しに、病院を抜け出して昔暮らした家に行くソリ。そこでウジンたちと出会うのだが…。
第2話自分が暮らした家に叔父たちはいなく、今ではウジンの父の持ち物になっていていることを知りショックを受けるソリ。行く当てもないソリだが、それでも手がかりを探そうと街を歩き回る。一方、ヒゲを剃りまるで別人のように見えるウジンは初出勤するが、気になったものは何でも測りたくなるという例の癖のせいで、道端のベンチを測ろうとし、しかも上に置かれたソリの大切なチョコパイに気づかず尻で敷いてしまう。しかしヒゲが無いせいでウジンだと気づかないソリ。一方、母からもらったバイオリンを探すため、もう一度ウジンの家に向かうソリ。そしてウジンたちが知らない階段の下に作られた秘密の部屋でバイオリンを見つける。そんな時、ウジンの父が家を売りに出したことを知ったソリは、叔父を見つけたら必ず買い戻すので、両親との思い出が詰まった家を売らないでと懇願する。そして1か月の間だけ、ソリを家に置くことに、、、。 奇妙な同居生活が始まる。
第3話病院から抜け出したソリを捜しに、ウジンの家を訪ねてきた同級生で医者のヒョンテ。自分の名刺をドンスに渡して立ち去るが、ドンスがその名刺をなくしてしまう。しかしリハビリ病院の関係者だったと思ったソリは、病院関係者が来ても対応しないように頼む。一方、母からもらったバイオリンを修理に出そうとするソリだが、修理代が200万ウォンもかかると聞き、バイオリン教室の講師の仕事を探すことにする。面接でバイオリンを弾こうとするが、思い通りに弾けないもどかしさに苦しむソリ。ところが、ある教室から幼児教室講師の欠員が出たので数週間だけ来てほしいとの連絡を受け、チャンたちと大喜びするソリ。夜中まで授業の予習をするソリだが、指導経験がないことで生徒たちの父兄が反対し、教室から断りの電話がかかってくる。その電話に出たウジンは伝言を頼まれ、それをソリに伝えようとするのだが…。
第4話動物病院からの帰り道に叔父らしき人物を見かけたソリは、慌てて車から飛び出して追いかけようとする。13年前のバス横転事故を思い出したウジンは危険な行動をするソリを引き止めるが、そのせいで叔父を見失ったとソリに詰め寄られ、1か月の間、家を出ることにする。しかし、それが自分の勘違いかもしれないと思い直したソリはウジンに謝罪し家に戻るようにお願いするが、戻る気はないウジン。すると今度は自分が出て行くから戻るよう説得するソリだが、結局チャンや周りの人の心配をよそに心を閉ざすウジンに対してもっと素直になれと激しく言い寄る。
第5話夜中に一階からソリの泣き声が聞こえてくる。家族に会えず寂しく泣いているのだと思うウジンたちは様子を見に行くが、実はバイオリンの修理代を稼ぐため、大量の玉ねぎをカットして目が痛くて泣いているのであった。そんな中、庭に出てきたソリは指でウサギの模様を作り月を眺める。それを見たチャンはソリに、何をしているのかと尋ねると、母から教えてもらった自分を奮い立たすおまじないだと答える。一方、外で打ち合わせ中にソリを見かけたウジン。しかしソリがウィスキーバーに入ったのを見て、お酒の接客バイトを始めると勘違いし、ソリを引きとめようと店に飛び込んで探し回る。店の店員に追い出されるウジンだが、自分を心配して止めにきたウジンに好感を持つソリ。ある日、歩道橋で例のおまじないをしているソリを見かけたウジンは、高校生の頃、初めてソリを見かけた状況とそれが重なり当時をフラッシュバックする。そして13年前の事故から抱えてきた他人に心を開かない原因を思い出す。
第6話音楽祭が終わるまでウジンのデザイン事務所に臨時で働くことになったソリ。戸惑いを隠せないウジンだが、クラシックの担当としてカン代表が強引に入社を決める。歓迎会の席で、生まれて初めてお酒を飲んだソリ。酔っ払って帰宅すると間違ってウジンのベッドで寝てしまう。朝起きてそれに気づき慌ててベッドから飛び出すソリだが、ウジンは全く関心がない。これまで少しは心が通じ合ったと思っていたソリだが、そんなウジンの態度に戸惑いながら今後、家を出てもこれまでの恩は決して忘れないと宣言する。バイオリン演奏家にとって命よりも大切であるな手を仕事場で怪我したソリ。雨の中、カサも持たずに薬を買いに出かけるチャン。そこでチャンはソリに対して特別な感情を持っていることを自覚する。一方ウジンも、自分に対していつも真摯に対応してきたソリに少しずつ感情を持ち始める。
第7話1人タマネギをむきながら泣いていたソリに気付き、涙を拭うウジン。ウジンの心の中でソリの存在が大きくなり始めていた。少しずつ心が変化し始めたウジンにヒスとヒョンは戸惑っていたが、そのきっかけがソリにあるのではないかと、ヒスが気付き始めていた。ソリに恋心を抱いていると悟ったチャンは、ソリに思い告げようと決心し、全国大会での優勝を目標に掲げ練習に励む。一方、事務所へ仕事の依頼に訪れたパク・ワンドクに、目をつけられたソリ。ソリが気に入ったワンドクは、仕事の話をよそにソリへ話しかける。しつこく迫るワンドクをヒスとヒョンが追い出したが、ワンドクは事務所にわざと携帯電話を置いていくのだった。その後ワンドクの携帯電話が鳴り、ソリはワンドクに携帯電話を届けに行くことに。ワンドクの性格とソリが携帯電話を届けに行くことを知ったウジンは、慌ててワンドクの元へと駆けつける。
第8話1か月だけ一緒に住むという約束をウジンと交わしていたソリ。約束の1か月が迫り、1人暮らしの部屋探しを始める。条件に合う部屋がなかなか見つからなかったが、約束を果たすため部屋探しを続ける。そんなソリに気付いたウジンはソリを心配していた。一方リン・キムの演奏会の準備中、ソリにミスを指摘されたリンはプライドに傷つくと同時に、過去の出来事を思い出していた。過去にバイオリニストを夢見ていたことがあるソリは久々にバイオリンを手に取り、弾いてみるが、思い通りの音を出せず深く落ち込むのだった。ウジンは落ち込んだソリを海へと連れていき、慰めようとする。その後、ソリは家を出て引越す予定だった新居に急に住めなくなってしまう。住む所を失って町をさまようソリを見つけたウジンはソリにある言葉を伝える。
第9話ウジンたちとの同居生活を再開したソリだったが、突然チャンの母親が現れ鉢合わせする。お手伝いさんだとウソをついたものの、結局は本当のことを母ヒョンジョンに打ち明けたのだった。事情を知り、居候を快く許可したヒョンジョンは再び海外へと旅立った。翌日の朝、ウジンが携帯も持たず姿を消してしまい、慌てる一同。また放浪の旅に出たのかと心配していたが、実は済州島にいる父に会いに行ったのだった。家を売らないようにと父を説得し許可を得たウジンは、ソウルに戻りそのことを報告する。一方フェスティバルの準備でオーケストラの様子を見に来たソリは、以前オーディションの審査をしてたシム教授との再会を果たす。話が弾む2人をリン・キム監督は快く思わないでいた。フェスティバル会場がある島へ向かったソリとヒスは、高波警報で船が欠航し、島に閉じ込められてしまう。
第10話ソリが懸賞が当たり、トッポギの無料食事券を手に入れたウジン。ウジンはソリを誘い夜食にトッポギを食べに行くことにした。出かける準備をしていると、ウジンの携帯が鳴り、チャンが倒れたと連絡が入る。慌てたウジンはソリを1人家に残し、病院へと急いだ。一方のソリは、修理に出していたバイオリンを受け取りに行く。シム教授に再会し、バイオリンの演奏が聴きたいからフェスティバルの舞台に立てくれないかと誘われる。一瞬 喜んだソリだったが、長年演奏をしていなかったため自信を持てず参加を悩んでいた。そんなソリをウジンはただ見守るしかなかったが、ウジンも仕事がうまく進まず悩んでいた。そんな中ソリが出かけたことを知ったウジンは、ソリのあとを追う。ソリの姿を見たウジンがソリの名を呼ぶ瞬間、ある記憶がウジンの頭の中でフラッシュバックするのだった。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ