「賢い監房生活(原題)」のあらすじ

プロ野球のスター選手ジェヒョク(パク・ヘス)は国民的人気を誇りながらも、驕ることなく実直な性格を貫いている。メジャー行きも決まりすべてが順調に思えた矢先、妹が暴漢に襲われ、妹を守ろうと反撃したところ犯人が意識不明の重体に陥ってしまう。過剰防衛として罪に問われたジェヒョクはスター選手から一転、刑務所生活を送ることを余儀なくされる。ジェヒョクを心配する恋人のジホ(クリスタル(f(x))をよそに強がるジェヒョクだったが、刑務所内には個性的な面々が溢れていて…。そんな中、野球を諦め看守となった幼馴染のジュノ(チョン・ギョンホ)と再会を果たす。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話メジャーリーグ進出を目前に控えた韓国野球界のスター選手キム・ジェヒョクは、妹に乱暴を働こうとした男を捕まえようとして重傷を負わせてしまう。検察に起訴されながらも正当防衛が認められることを疑わなかったジェヒョクだったが、懲役1年の実刑判決が下り…。
第2話西部拘置所に収監されたジェヒョクは控訴審の日を待ちわびながら何とか環境に適応し始めていた。高校時代の親友で刑務官になったジュノがジェヒョクの拘置所生活を手助けをする中、自分を殴ったジェヒョクを恨んでいた暴力団幹部カルメギは刃物を入手しようと考え…。
第3話西部刑務所に移送されたジェヒョクは面会に訪れる元恋人のジホを心の支えに新たな生活をスタートさせる。木工場での刑務作業を科せられたジェヒョクは班長のヨムに気に入られ、それなりに大きな問題もなく過ごしていたが、ヨムは怪しいウワサがつきまとう人物で…。
第4話拘置所で負ったケガがもとで左手にマヒをきたしたジェヒョクはテレビのインタビューに応じないことを理由に外部での診療許可が下りず、医療棟に通い続けていた。ジェヒョクの力になるため西部刑務所に異動したジュノはジェヒョクの元恋人がジホだったことを知り…。
第5話ジェヒョクの引退宣言にショックを受けたジュンドルは引退に反対する署名を集め始めるが、ジェヒョクは野球への未練を断ち切るため、自分が進むべき新たな道を模索していた。ミンチョルは出所を間近に控えたジュヒョンが外部で刑務作業を行えるよう協力し…。
第6話西部刑務所で運動会が開催され、ジェヒョクの運動神経に目をつけたカイストはさまざまな種目にジェヒョクを駆り出すのだが、足を使う種目でことごとく手を使うジェヒョクは反則による失格を繰り返してしまう。ジュノはジェヒョクに野球をさせるためジェヒョクの主治医に会い…。
第7話部下殺しのぬれぎぬを着せられ西部刑務所に送られたユ大尉は心の壁を作り、特に同い年のハニャンからは毛嫌いされたまま陰うつな日々を送っていた。木工場で新しい班長に選ばれたギチョルは悪徳刑務官と組み、ジェヒョクたちに過多な作業ノルマを課すのだが…。
第8話パクサに横領の罪を着せた会社が再び過去の不法行為で世間をにぎわせる。パクサは謎の腹痛に苦しめられ同じ房の面々やペン部長が心配するが、予算を惜しむナ課長は外部診療の許可をなかなか下さない。講義を受けていたユ大尉は周りの侮辱に激高し…。
第9話ユ大尉の兄は弟の無実を証明するため同部隊にいたチュ上等兵から話を聞き、パク一等兵を殺したのがオ兵長だったことを知る。木工場ではジェヒョクが班長になった以来作業がろくに進まなくなっており、キム所長はジェヒョクを園芸室に移すことを決めるのだが…。
第10話盲腸で手術を受けたジェヒョクのためにジュノはジホを呼び出そうとするが断られる。ジェヒョクもかたくなにジホとの復縁を拒み、素直になれない2人にジュノは立腹する。ユ大尉の再審に向けユ大尉の兄はチュ上等兵に法廷での証言を頼もうとするのだが、電話がつながらず…。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ