「私の後ろにテリウス(原題)」のあらすじ

かつてテリウスというコードネームで国家情報院の特殊任務にあたっていたキム・ボン(ソ・ジソブ)。3年前、ある作戦に失敗して恋人を亡くした彼は、事件の背後にある陰謀を暴くために姿を消した。国家情報院はそんなボンを二重スパイと疑い、行方を追うように。ある日、向かいに住む主婦エリン(チョン・インソン)と出会ったボンは、ひょんなことから彼女の正体を怪しむようになる。そんな中、エリンの夫ジョンイル(ヤン・ドングン)が国家安全保障室長が殺害される現場を目撃してしまい、口封じに殺害されてしまう。ジョンイルの死が自らが追う犯人と関連があると感じたボンは潜入捜査のため、エリンの子供のベビーシッターを買って出ることに。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話エリンは双子が参加している手洗い教室でテロが起こるかもしれないと聞き、ウナに電話をかけて全員を避難させてほしいと伝える。ジヨンは現場に駆け付けてテロ犯と闘い、ボンは会場に仕掛けられた時限爆弾のタイマーを間一髪で解除。無事にテロを阻止したボンは、エリン一家に会いに行き、双子たちにスキンシップをせがまれて…。そんな中、ヨンシルはボンがエリンの向かいに住んでいることを突き止め、おとりとしてエリンを逮捕するが…。
第12話護送車の中で移動経路と時間を計算するボン。ところが護送車は計画とは異なる場所で止まり、突然爆発して炎に包まれる。現場を目撃したジヨンはヨンテにボンは死んだと伝え、安全な場所にかくまうと約束。しかしボンの言葉を思い出したヨンテは、自分の生き方について考え直して…。一方、エリンもジヨンからボンが死亡したと聞かされる。ショックを受けたエリンは双子を連れて済州島の実家に移り住み、海沿いのカフェで働き始めるが…。
第13話エリンは倒れたウナを発見し、急いで救急車を呼ぶ。ウナは病院で意識を取り戻すが、財布とUSBがなくなっていた。ウナの話を聞いたエリンは夫の死が他殺だったことを確信し、真実を隠していたジヨンを責める。エリンは家族写真を見ながら涙に暮れ、ボンは部屋の前で一晩中エリンを待ち続けて…。一方、ヨンテは死んだはずのボンと再会してびっくり。ボンは黒幕を明かすためのヨンテの作戦を聞き、ジヨン、ドウと共に彼をバックアップするが…。
第14話ジウンの提案を受け入れ、ユン・チュンサンの邸宅に潜入することを決意したエリンは、ハウスキーパーの面接を受けて見事合格を果たす。ボンはエリンが危険な目に遭うのではないかと心配になり、翌日から早速トレーニングを開始する。やがてエリンはドウが用意したカメラ機能内蔵のコンタクトレンズを装着してユン・チュンサンの邸宅に出勤。ボンたちはモニターで監視を続けるが、料理係に配属されたエリンは一日中キッチンから出られず…。
第15話ケイに腕を撃たれたボンはユン・チュンサンの書斎から盗み出した証拠品をエリンに託し、たった一人でケイと格闘する。絶体絶命のピンチに追い込まれたボンはヨンシルの登場によって命拾いする。ジヨンから連絡を受けたエリンはナースに変装してボンが入院している病室に忍び込み、無事に証拠品を届ける。一方、ジヨンはKING’S BAG作戦が成功したことをシム・ウチョル局長に電話で報告し、証拠品を渡すべくシム局長の元へ向かうが…。
第16話(最終話)シム・ウチョルの護送を担当するパクチーム長がコーナーストーンの一味であることが発覚。ボンはウチョルが逃走したという報告を受けてSWATを出動させるが、発見された車はすでにもぬけの殻だった。ウチョルの海外逃亡を何とか阻止したいボンだが、手がかりはまるでない。そんな中、ユン・チュンサンに呼び出されたヨンテは自分がおとりになるとボンに告げるが…。それから1カ月後、エリンはボンに双子たちを預けて、就職の面接に行き…。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ