「特別労働監督官 チョ・ジャンプン(原題)」のあらすじ

チョ・ジンガブ(キム・ドンウク)は幼い頃から、正義感が強く曲がったことが大嫌いな熱血漢で、ついたあだ名がチョ・ジャンプン(=波動拳)。得意の柔道で国家代表選手になることを期待されていたが、試合中の不正に抗議したことが原因で選手生命を絶たれる。その後特技を活かし高校の体育教師になるが、教え子のドック(キム・ギョンナム)が優等性のドハ(リュ・ドックァン)らから脅迫を受けていることを知り、実行犯の生徒を殴ったことから教職を追われる。その後公務員試験を受け、ジンガブは雇用労働部(日本でいう労働基準監督署)に配属される。度重なる問題から妻のミラン(パク・セヨン)に別れを告げられたジンガブは今度こそは問題を起こさないようにと事なかれ主義の平凡な公務員になる。ある日、バス運転手たちがストを起こし、解決を命じられたジンガブはいやいやながら現場に向かう。そこで元教え子のソヌ(キム・ミンギュ)と再会する。以前と変わらぬ瞳のソヌに助けを求められたジンガブは忘れていた情熱を取り戻し巨悪の不正を暴くため立ち上がる!

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 チョ・ジンガブは雇用労働部の勤労監督官として働く公務員。かつては柔道の国家代表選手を目指していたが、強すぎる正義感がトラブルを招いて夢を絶たれ、その後、高校教師の職も失った。妻ミランから離婚を言い渡され、数年かけて公務員試験に合格してからは事なかれ主義を貫いている。そんなある日、ジンガブはバス運転手のストライキ現場を訪れ、昔の教え子だったソヌと再会。給料未払いのまま不当解雇されたソヌに助けを求められるが…。
第2話 ソヌの賃金を踏み倒したサンド旅客の社長は、ミリネ奨学財団理事長のデギルだった。悪行の限りを尽くすデギルに対抗するため、ジンガブは興信所の社長として活躍する教え子ドックの元へ。ドックは、自分のせいで教職を追われた恩師チョ・ジャンプンことジンガブとの再会に涙を流す。ある事件が原因でソヌにも負い目を感じていたドックは、高校時代の罪滅ぼしのため、プロの取り立て屋のテクニックを駆使して全力でジンガブに協力するが…。
第3話デギルを殴ったジンガプは警察に身柄を拘束されるが、庁長ジマンの尽力によって釈放される。一方、ドックはホテルに現れた美女がデギルの不倫相手だとにらみ、彼女の後を追うも取り逃してしまう。そんな中、ジンガプとドックはデギルがサンド旅客の社長である証拠を入手すべく、資金洗浄に関わった男を探し始める。ホームレスになりすまして名義貸しの闇組織に潜入したジンガプは、チンピラたちを相手に大乱闘を繰り広げることになるが…。
第4話サンド旅客のバス営業所を訪れ、運行停止を命じたジンガプ。ニュースを目にした前妻ミランはあっけにとられるが、娘のジナは正義のために闘う父の姿を見て大喜びする。ところが、デギルはバスと路線を売却して責任を逃れる計画を立てて…。一方、マルスクを尾行していたドックは、ミョンソングループの御曹司テスと再会。そのうえ、弁護士となったドハがいまだにテスの悪事の尻拭いをしていることを知り、高校時代の苦い記憶を思い出すが…。
第5話ジンガプがデギルを逮捕に追い込み、無事復職したソヌはサンド旅客の本社に勤務することになった。ところがテスがTSの社長、ドハがミリネ財団の理事長に就任。ジンガプはデギルの黒幕がミョンソングループだったことに気づく。テスは強引な配置転換命令を下し、ソヌを自分の運転手としてこき使おうとするが…。そんな中、ジンガプはヒューマンテックで激務を強いられている派遣社員ウンミの件を調査するが、ウンミが病院に運ばれて…。
第6話ウンミは意識不明の重体に陥るが、雇用契約書がなく、労災の申請すらできない。ジンガプとドックら甲乙企画の仲間は、ウンミがTSと関連した複数の人材派遣会社を通してヒューマンテックで働いていたことを突き止める。そんな中、ウンミの携帯電話に一方的な解雇通知が届く。TSのオフィスに忍び込み、下請け企業との契約書を盗み出そうとするジンガプ。ドックを追っていたミランはジンガプを発見し、窃盗罪で現行犯逮捕しようとするが…。
第7話下請業者への賃金支払法違反でTSの家宅捜索を実施したジンガプ。テスは婚約者の検事ジランに時間を稼がせ、余裕たっぷりの表情で監督官たちを迎えるが、ジンガプは社内のあちこちに隠された書類を見つけ出す。しかしドハの根回しによって、TSには軽い罰金刑のみが科されることになり、ジンガプは無力感に打ちひしがれる。そんな中、ジンガプは、テスに契約破棄を言い渡されたヒューマンテックの社長から遺言めいたメールを受け取るが…。
第8話自殺したはずのヒューマンテック社長が現れ、報道陣の前で大恥をかいたテス。世間にはこの様子を揶揄する動画が出回る。激怒したテスはドックがジンガプに手を貸していることを突き止め、警察に興信所の一斉捜査を命じて、ミランをも含む3人を同時に陥れようとする。甲乙企画にも捜査が入り、ミランはドックの元に向かうジンガプを追うが…。一方、ジランは卑劣な計画を得意げに語るテスに反感を抱くが、やがて結婚式の日がやってきて…。
第9話テスは結婚式の最中にセクハラと暴行罪で逮捕され、刑務所に収監される。テスとの結婚を破談にしたジランは、ジンガプにミョンソン病院のパワハラを調査するよう指示。研修医のチャンギュは、ジンガプにミョンソン病院の問題点に関する情報を提供しようとするが…。そんな中、テスの母ソラはジンガプに復讐すべく、彼が暴力教師だったという醜聞をマスコミに流す。その結果、ジンガプは急きょ産業災害補償保険再審査委員会に異動させられて…。
第10話出所したデギルは手下を引き連れてジンガプを襲撃するが、ドックらの反撃を受けて逃走する。ジンガプはソラに会うためミョンソン病院に向かうも警備員に止められ、刑務所にいるはずのテスがVIPルームに入院していることを知る。ジンガプは研修医チャンギュの解雇と不審死にソラやテスが関連していると確信。ジマンに協力を求めるが、断固拒否されてしまう。一方、ドックはマルスクが回収したチャンギュの携帯電話を入手しようとするが…。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ