「ヨンワン様のご加護(原題)」のあらすじ

1億色もの色を識別できる絶対色覚=テトラクロマットを持つ少女、ホンジュ(子役:イ・イェウォン)は山奥で平穏な日々を送っていた。父の友人の息子プンド(子役:チャ・ソンジェ)と出会い心を通わせるが、2人の父親は突然の事故で他界。 母は何者かに殺害され、ホンジュは車に撥ねられたうえ、崖から海に突き落とされてしまう。実は2人の父は共にある美人図を探していたところ、プンドの父が勤めるチュボグループの家臣、ピルドゥ(パク・ジョンハク)の陰謀によりはめられたのだった。奇跡的に助かるも記憶を失っていたホンジュは、ハッキュ(アン・ネサン)に引き取られ、チョンイと名付けられる。継母ドクヒ(クム・ボラ)、義理の妹ジナ(チョ・アン)に疎まれながらも健気に明るく育つ。 数年後、高校生になったチョンイ(イ・ソヨン)は、有名ピアニストになって海外から帰国したプンド(ジェヒ)と偶然のトラブルに。父の死が原因で視界がモノクロにしか見えなくなっていたプンドだったが、なぜかチョンイだけは正常な色に見えることに驚く。だが2人の因縁でもある美人図の行方を、チュボグループが追い続けており…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 運命の電話1998年。高麗の美人図に見とれるチョ・ホンジュは両親と平和に暮らしていた。一方、チュボグループ会長の孫であるマ・プンドは、父マ・ソンジェと一緒に、別居中の母の所で暮らすことに。そしてソンジェに一本の電話が…。
第2話 突然の不幸突然襲われたホンジュは、プンドに命を救われる。必死に逃げる2人だが、途中ではぐれてしまう。そしてホンジュは、プンドの叔母であるマ・ジェランの運転する車にはねられ意識を失う。そこに会長の側近ソ・ピルドゥが現れる。
第3話 私はシム・チョンイ龍王里に流れ着いたホンジュは記憶を失っていた。ホンジュの父チョ・ジファンに山で助けられたシム・ハッキュは、ホンジュが彼の娘だと気づく。運命を感じたハッキュは、両親を失ったホンジュを養女にし、チョンイと名付ける。
第4話 洋服は青かった有名ピアニストのプンドは、チョンイを自分のストーカーだと勘違いして、憧れのペク・シジュンへチョンイがプレゼントしようとしていた洋服を破いてしまう。色覚に異常があるプンドには、チョンイだけが違って見えるのだった。
第5話 嬉しくないニュースシジュンが逮捕されたショックで倒れたチョンイの義姉ヨ・ジナは、病院で目覚め、医師に妊娠5カ月と告げられる。一方、チュボ主催の演奏会に出演予定だったプンドは、祖母のマ・ヨンインに会いに行き、出る気はないと告げる。
第6話 大好きな匂いジナを皆が案じているものの、行方は分からない。そんな中、チュボの公募展に絵を出品するチョンイのため、ハッキュは画材を買う。喜ぶチョンイが家に帰ると、怒り心頭の義母パン・ドッキがチョンイの描いた絵を燃やしていた。
第7話 借金まみれに公募展の審査の日、チョンイは出かける道すがら、ハッキュの名を口にする不穏な雰囲気の男たちとすれ違う。気になって、家に戻るチョンイ。なんと、ハッキュを保証人にしてジナが多額の借金をしていたことが分かり愕然とする。
第8話 借金まみれにチュボ原料開発園で警備のバイトをすることになったチョンイ。ある夜、バイト中に泥棒が侵入し、果敢に殴りかかるチョンイ。逃走した泥棒はなんと、龍王里での演奏会に出演することになったプンドだったと分かる。

1

「ヨンワン様のご加護(原題)」がお好きな方にオススメの番組

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ