「ボイス3(原題)」のあらすじ

普通の人間には聞こえない音を聞き取るボイスプロファイラーのグォンジュ(イ・ハナ)と刑事のガンウ(イ・ジヌク)は猟奇殺人犯のジェス(クォン・ユル)を追っていたが、ジェスの仕掛けた爆弾によりグォンジュは爆発に巻き込まれる。それから10ヶ月、グォンジュは112通報センターに復帰するがガンウは行方知れずとなっていた。ガンウを探していたグォンジュは、彼が日本で連続殺人事件の容疑者となったという知らせを受ける。日本へと向かうグォンジュだが、再会したガンウは人が変わったように冷たい態度をとる。実は爆発の瞬間、ガンウは眠っていた自らの過去を思い出したのだった…。幼い頃に日本と深いつながりがあったガンウ。そんな中新たな事件が発生、グォンジュは通報の声を頼りに捜査を開始するが、 爆発事件の後遺症で絶対聴覚に異変が起きてしまう。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 3つ目のゴールデンタイム!爆発事故から数か月がたち、リハビリに励むグォンジュ。センターの仲間と共にガンウの行方を追い続けていたが、何の手がかりもつかめないままプンサン庁の捜査班は解散することに。ようやく日本へ密航したという情報をつかんだところで、日本から1本の電話が入る。殺人事件現場にガンウの身分証が落ちていたという知らせを受け、急きょ日本へ向かうグォンジュと出動チーム。しかし再会したガンウは別人のようになっていた。
第2話 ししおどし旅館に殺人鬼が!韓国人旅行者のセヨンから救いを求める通報を受け、彼女が隠れている旅館を探し回るグォンジュたち。電話の向こうから聞こえる僅かな音をキャッチしたグォンジュは、ガンウの助けを借りてついにその旅館を突き止める。しかし到着してみるとセヨンの姿は既に消えていた。彼女に命の危険が迫る中、グォンジュたちは隠し部屋の入り口を探し続ける。一方、画家殺害の有力な容疑者となったガンウは日本の警察にマークされてしまい…
第3話 ピノキオの歌日本の警視正の追及をかわし無事帰国したガンウ。ドクターファーブルの背後にいる組織を追ってこれまで孤軍奮闘してきたが、警察内部に特別捜査本部を発足させることに成功。いよいよチームで動き始めるのだが、別人のように冷たいガンウの態度にグォンジュをはじめ周囲はとまどってしまう。そんな中、身を隠していたドッキが自殺したという知らせが入る。現場に駆けつけたガンウは、自殺ではないと断言するのだが…
第4話 ピノキオの歌4~5階の高さから落ちそうになっていたヒョンスは、出動チームの努力もむなしく落下。しかし軽傷で済み胸をなで下ろすグォンジュたち。同時にグォンジュとガンウは、ヒョンスの態度や保護者だと名乗るソンに対して違和感を拭えずにいた。調査を続けるうちにソンの運営する施設に不審な点がいくつも見つかり、慌ててヒョンスの行方を追うゴールデンタイムチーム。しかしソンは既に彼を殺すつもりで連れ去っていた。
第5話 スムピタンの秘密脱獄したパンと待ち構えていたガンウが山中でにらみ合っていると、突如ワイヤーシュンが現われる。パンは襲いかかってきたシュンを何とか振り切るが絶壁から川へと落ちてしまう。脱獄を知り駆けつけたナ係長は、現場にガンウの痕跡を見つけて関与を疑い始める。そしてグォンジュもまた、ガンウに対して言いしれぬ不安を感じていた。そんな中、暴漢が人を襲っているという通報が移住女性センターから入るのだが…
第6話 スムピタンの秘密暴漢の正体はインドネシアの平凡な女性ティウィだった。犯行の動機に疑問を持ったグォンジュたちはティウィの事情聴取で非道な人身売買の実態を知る。単なる暴漢の襲撃事件から外国マフィアも絡む犯罪組織を追うことになったガンウたち。彼らの拠点を突き止めようとするが、防犯カメラでの追跡は壁にぶち当たってしまう。僅かな手がかりとグォンジュの耳を頼りに見つけた拠点にはク・グァンス刑事と結婚を約束した女性がいた。

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ