「私の国(原題)」のあらすじ

高麗末期の1388年。父親が罪人の汚名を着せられ、どん底の生活を余儀なくされているフィ(ヤン・セジョン)と、高官の父親を持つが母親が奴婢出身のためそ の存在を認めてもらえないソノ(ウ・ドファン)。それぞれ異なる環境に身を置きながらも、2人は剣や弓を競うライバルであり、仲の良い幼馴染だった。遼東征伐を前に、20年ぶりに武科試験が行われることになり、フィは褒美の米のため、ソノは 出世のために試験を受けることにする。そんな中、ふたりは壁書の犯人として役人に追われているヒジェ(ソリョン/AOA)と出会い惹かれていく。そして迎えた武科試験当日、実技試験でフィは最後まで残るが、息子を主席合格させるためにソノの父が仕組んだ不正により、フィは不合格となる。一方、ソノは父親から不正の 事実を聞かされ憤るが、友情と野心の間で揺れ動く。そんな中不正を告発する投書が届き、事実を知る試官を殺さなければ命はないと言われたソノは試官を手にかける。そして、葛藤の末に不正を知るフィも戦場の最前線に送ってしまう。3か月後。フィは、遼東征伐軍の先発隊として前線で地獄のような日々を送っていた。そんな中、威化島に留まっていた本隊を引き返す決定が下る。先発隊を始末するために刺殺隊と共に遼東へ向かうソノ。先発隊と刺殺隊が揉み合う中、フィとソノはお互いの存在に気付くのだった。その頃、イ・バンウォン(チャン・ヒョク)は父が後継者に自分ではなく腹違いの弟を指名したことを知り、王座を狙うことを決意する。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話父親が罪人の汚名を着せられ、どん底の生活を余儀なくされているソ・フィ。高官の父親を持つが、母親が奴婢出身のためその存在を認めてもらえないナム・ソノ。それぞれ異なる環境に身を置きながらも、ふたりの青年は剣や弓を競うライバルであり、仲の良い幼馴染だった。時は、高麗末期の1388年。遼東征伐を前に、20年ぶりに武科試験が行われることになり、フィは禄米のため、ソノは出世のために試験を受けることにする。そんな中、ふたりは壁書の犯人として役人に追われているヒジェと出会う。
第2話イ・ソンゲの計らいにより、罪人の息子という差別を乗り越えて武科の受験資格を得たフィ。ヒジェは、フィが幼い頃に自分を救ってくれた高麗最強の武将ソ・ゴムの息子だったことを知り、密かに運命を感じる。一方、ソノは壁書の犯人を追う役人に切られ、大怪我を負った状態で武科に臨む。最終試験に残ったフィとソノは、首席合格者・壮元を目指して決死の闘いを繰り広げる。ところが、ソノの父ナム・ジョンが家門の栄光のために武科の試官を買収して…。
第3話フィが遼東攻伐軍の先発隊として戦地に送られ、ヒジェはソノを責め立てる。行首のソ・ソルにも失望したヒジェは梨花楼を離れ、神徳王后カン氏の元へ。その頃、フィは地獄のような最前線で、生き残りを賭けた壮絶な闘いに挑んでいた。傷を負ったパク・チドを介抱したフィは彼の腕に入った刺青に気づき、父ソ・ゴムとの関係を知って驚く。知略と武術に長けたフィは周囲の信望を集め、戦場で頭角を現していくが、イ・ソンゲは軍を引き返すことを決意して…。
第4話先発隊を始末すべく刺殺隊として遼東に向かったソノは、フィと運命的に再会。ところがその瞬間、ソノは侍衛長のソンノクに刺されて重傷を負い、フィは友を救ってほしいとムンボクに懇願する。やがてソノは意識を取り戻すが、ヨンが死んだと聞かされたフィはソノに背を向け、ナム・ジョンへの復讐を決意する。一方、ヒジェはイ・バンウォンと共にカン氏と幼い王子たちを守り抜き、カン氏の心をつかむ。都ではイ・ソンゲが王になるという噂が流れるが…。
第5話朝鮮を建国し、初代国王の座に就いたイ・ソンゲ。イ・バンウォンは、イ・ソンゲが庶子である幼い八男バンソクを世子に冊封しようとしていることに激しく抗議する。一方、フィはソ・ソルの元を訪れ、ヒジェから離れろという条件を飲んで密文書を入手。ナム・ジョンに人質に取られたヨンを守るため、ソノの命令に従ってイ・バンウォンの弱点を探り始める。ヒジェは脱走兵の名簿でフィの名を確認し、灯籠を流して魂を弔うが…。
第6話死んだはずのフィと梨花楼で再会し、涙を流すヒジェ。フィはヒジェを冷たく突き放すが、ヒジェはフィが自分の髪飾りを今も持っていることに気づき、フィを抱き締める。二人の姿を目撃したソノは酒で気を紛らわせようとする。そんな中、フィはソノの計画に従ってイ・バンウォンの武器庫を襲撃。事情を知ったチドやムンボク、ボムも協力を申し出る。さらにフィはイ・バンウォンの心をつかむため、偶然を装って狩り場に姿を現わす。
第7話イ・バンウォンを追い詰めるため、部下を引き連れて武器庫に踏み込んだソノ。しかし武器はフィによって、すでに司憲府に移されたあとだった。イ・バンウォンは自分の窮地を救ったフィには何か魂胆があるはずだと疑うが、「私の国が見たい」という言葉に心を動かされてフィを生かす。一方、想定外のフィの行動によってソノは役職を追われて投獄され、ナム・ジョンの立場も危うくなる。
第8話ナム・ジョンは密文書の内容が書かれた壁紙を見て驚愕し、剣を突きつけながらフィを詰問する。フィはイ・バンウォンに命じられたと答えるが、その頃バンウォンもフィの行方を追っていた。そんな中、フィは仲間と共に、密文書の証人であるカンゲを捕らえに行く。フィの後を追ってやってきたヒジェはカンゲこそが母を殺した仇だと気づき、復讐を遂げようとするが…。一方、一門滅亡の危機にさらされたソノはイ・ソンゲに接見する。
第9話イ・バンウォンに矢を放ったフィは、側近の一撃を受け失神。その場に駆けつけたソノもフィと共に監禁される。計画の成功を知ったナム・ジョンは息も絶え絶えのバンウォンの元を訪れ、野望を語る。ナム・ジョンに自決を迫られたフィは、ヨンを守るべく自らの体に剣を突き立てるが…。一方、ソノはナム・ジョンがヨンを殺そうとしている事を知り、ヨンを連れて家を出る。ヒジェはソ・ソルに代わって梨花楼の行首となる事を決意して…
第10話ナム・ジョンが差し向けた刺客により命を絶たれたヨン。フィはすぐナム・ジョンの元に押しかけるが、刀に仕込まれていた毒が全身に回り復讐を果たす前に倒れてしまう。危機一髪でイ・バンウォンに救い出されたフィは、仲間とヨンを荼毘に付す。一方、ソノはヨンを救えなかった罪悪感に苛まれ…。6年後、イ・バンウォンが勢力を増す中ナム・ジョンはイ・ソンゲを譲位させ臣下主導の国を作るという野望を抱き、根回しに奔走するが…

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ