「ボクスが帰ってきた(原題)」のあらすじ

カン・ボクス(ユ・スンホ)は勉強はできないが、明るくイケメン、腕っぷしが強くソルソン高校の人気者。ひょんなことから先生の命令で同じクラスの優等生、スジョン(チョ・ボア)とぺアを組み一緒に勉強することに。全校1位のスジョンは当初は嫌々ながらボクスを教えるが、スジョンの意外に男勝りな性格を知ったボクスは彼女に惹かれ、デートを申込む。こうして付き合い始めた2人だったが、ボクスに劣等感を抱く同級生のセホ(クァク・ドンヨン)が屋上から落ちる事件が発生。ボクスはセホを助けようとしたものの、スジョンはある事情から「ボクスがセホを突き落とした」と証言し、ボクスは校内暴力の加害者として退学に追い込まれる。 9年後、誰も信じられなくなったボクスは詐欺まがいの便利屋として働いていた。一方学校を卒業後、母校の非常勤教師となったスジョンは担当していた生徒の自殺を止めようとし、誤って川に落ちてしまう。そこに偶然居合わせたボクスが金目当てにスジョンを助け、世間の注目を集めてしまう。その頃母校の理事に就任したセホはスジョンを助けたのがあの時のボクスだと知り、復学生として呼び戻すことに。学校への復讐を誓うボクスだったが、教師として再会したスジョンや一回り若いクラスメイトたちと共に過ごすうちに、かつての正義感がよみがえり、次々と学校問題の解決に乗り出していくことに!

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話高校の国語の教師を夢みていたスジョンは、教師になったものの非常勤で毎日もどかしい思いをしている。一方、新婦に頼まれて結婚式場から新婦を連れ出すボクス。依頼人と逃げる途中、スジョンとすれ違ったボクスは一瞬立ち止まる。高校の後輩たちを見ながらスジョンに恋していた頃を思い出すボクス。いつも学年1位のスジョンとビリのボクスはペアを組まされ一緒に勉強することになり、ボクスは徐々にスジョンに惹かれていく。
第2話生徒の自殺を止めたスジョンは生徒と一緒に漢江に落ちてしまう。依頼人から頼まれて仕事に来ていたボクスは溺れている人を助けるために漢江に飛び込むが、後でそれがスジョンだと分かる。ボクスは病院に行きスジョンが自殺しようとした理由が詐欺に遭ったからだと知る。そしてテレビのニュースで自分を助けたのがボクスだと知り驚くスジョン。一躍ヒーローになったボクスに、ソルソン高校は学校に戻らないかと提案するのだが……。
第3話スジョンがセホと話しているのを聞き意地になったボクスは高校に戻ることを決める。高校ではマスコミでヒーロー扱いされているボクスが高校の先輩だと話題になる。そこに現れたボクスを見て興奮する生徒たち。だがボクスを利用しようともくろむ理事長のセホと学校の経営陣はすぐさま計画を実行する。何も知らないまま講堂に連れて行かれたボクスは用意されていた記者会見場で記者たちを前に会見を行うはめになってしまう。
第4話ボクスの人生を変えた学校の屋上で顔を合わせたスジョンとセホとボクス。ボクスはセホとスジョンのウソで人生が台なしになったと話すがスジョンはウソをついていないと話す。高校の時、セホの悪だくみでお互いを誤解し、徐々に溝ができていた2人は、セホの自殺未遂が原因で完全に相手を信じられなくなっていた。それを知らないボクスは復讐のために高校に戻ったと話す。ボクスの話を思い出しながらスジョンは過去を振り返る。
第5話善導委員会で発言を求められたスジョンは、ボクスを開校以来最も危険な学生であるものの、器物破損に対する処罰は退学ではなくボランティア活動であると話す。PTAの反対にも屈せず1人の生徒としてボクスを守るために教師の職をかけて説得するスジョン。委員会を終えたあとスジョンを責めようとするボクスに、2度と問題を起こすなと教師として告げるスジョン。委員会の結果を聞いたセホは、なぜボクスをかばうのかと問いかける。
第7話昔、一緒に行った公園で、9年前のことを初めてボクスに聞いたスジョン。ボクスは涙ながらに否定し、スジョンのことが好きだったと打ち明ける。ボクスのひたむきさに心を打たれたスジョンは何年も真実を確かめようとしなかったことを泣きながら謝る。何年もの月日を経てようやく誤解を解いた2人。何度も謝るスジョンに過去の2人を見送り、最初からやり直そうと言うボクス。登校したボクスを同級生はじめパク先生は大歓迎する。
第8話姿をくらませたボクスとスジョンを捜すミンジ。ボクスとスジョンが抱き合っているのを見たギョンヒョンはショックを受けるミンジを抱き寄せる。優しく慰めてくれるギョンヒョンにときめいてしまうミンジ。スジョンを家まで送り家の前でじゃれあう2人。そんな2人を遠くから見守るセホは、高校生の頃、スジョンに思いを寄せていた自分と、いつもボクスに先を越されていたことを思い出し、やりきれない気持ちで立ち去っていく。
第9話またしてもセホが何かを企んでいることを知ったボクスはセホに直談判に行く。セホは2人は絶対に幸せになれないと告げる。セホとミョンホに脅されたスジョンは1人で頭を抱える。セホに啖呵を切ったボクスは、復讐を手伝ってほしいとギョンヒョンとミンジに依頼する。一方、セホは校長と教頭を呼び、野花組を強制転校させる計画を明かし2人を驚かせる。
スジョンを恋人だと紹介されたミンジは、泣きながらボクスに別れを告げる。
第10話相談室に入ってきたスンウは、ボクスがスジョンを抱きしめているのを偶然目撃してしまう。無言のまま立ち去ったスンウを追いかけるボクス。弱みを握られたボクスは完全に立場が逆転してしまう。パク先生はアイビークラスの生徒たちから授業をボイコットされて戸惑う。賄賂で不正に成績を上げたと言われたチェミンはヨンミンと殴り合いになる。ボクスが仲裁に入り事態を収拾するが、通りがかったセホは強引に学暴委を召集する。
第11話セホがパク先生に突きつけた辞職届を教員たちの前で破ってしまうボクス。しかしパク先生はセホをかばい、その場で辞職届を書いてセホに渡す。ボクスは野花組を強制的に転校をさせようとするセホにクラスの平均点を上げてみせると宣言し、クラスのみんなに呼びかける。スジョンも生徒たちを転校させたくないと応援する。セホの言葉を何度も思い返して自分を責めるパク先生。心配したスジョンとボクスは一緒に飲もうと誘い出す。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ