「医師ヨハン(原題)」のあらすじ

レジデントのシヨン(イ・セヨン)は目の前で大切な人を救えなかったことから、医師の道を諦める。父の友人から刑務所の医療スタッフのアルバイトを勧められ、刑務所で働くことに。ある日急患の受刑者が発生するが、シヨンは判断に戸惑う。そこにある受刑者が現れ適格にアドバイスする。シヨンを助けたのは元医師のヨハン(チソン)だった。ヨハンはある事情から10秒以内に患者の状態を把握することができ「ドクター10秒」と呼ばれ一目置かれる天才医師だったが、担当していた末期がん患者を尊厳死させたことから殺人罪で服役していたのだった。高慢な態度のヨハンに反発するシヨンだったが、患者の容体が急変、ヨハンはシヨンを叱咤し患者を託す。ヨハンの指示で患者の命を救ったシヨンは再び医師としての道を歩み始めることに。その後、シヨンは父が理事長を務めていたハンセ病院ペインクリニック科のレジデントとなる。そこに最年少教授として現れたのはあのときのヨハンだった。服役した過去を持つヨハンを採用することに病院の意見は割れるが、シヨンはヨハンの下で医師として成長していく。一方かつての事件でヨハンを起訴した検事のソッキ(イ・ギュヒョン)はヨハンが復職したことを知り、危険な医師として警戒していた。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 希望と絶望の間チョンイル刑務所に服役中のヨハンは元医師。役立たずの矯正医官に代わって急患の応急処置を取るなど、刑務所では一目置かれる存在である。そんなヨハンを頼りにしながらも、所長のジョンナムは矯正医官がどんどん辞めていってしまうため困っていた。そこで、死んだ友人の娘シヨンをバイトに雇うことにする。訳あって病院を辞め、うつろな毎日を送っていたシヨン。軽い気持ちで始めたバイトだったが、受刑者が突然倒れてしまい…
第2話 0.00001%の希望ジョンボに付いて病院へ行ってほしいとヨハンから言われるシヨン。病院に着くと、担当医師であるユジュンに腎臓の検査をするようお願いする。検査はしたものの、顔も知らない“6238”の指示だと知ったユジュンは、医師免許のない受刑者の言葉に従うべきではないとシヨンを怒る。ヨハンによるジョンボの診断名が、人口の0.00001%しかいないというファブリー病だと聞いたユジュンは、シヨンに家族歴を調べるように言う。
第3話 チャンピオン格闘家のヒョンウは試合中に倒れてしまう。試合を見ていたヨハンは、その場で外眼角切開術を施すのだが数日後、目の異常を訴えて病院を訪れる。検査結果は何の異常もなく、病名も分からない。ヨハンは新任の挨拶をする会議の場でヒョンウの症状について話すが、彼の雇用に疑問を持っている理事たちはヨハンの行動が気に入らない。一方、ヨハンを指導医として迎えることになったレジデントたちは、ヨハンの過去を知って困惑し…
第4話 恐怖について人工呼吸器を外してほしいという要請をヒョンウ側の弁護士から受けて、上層部は緊急会議を開く。呼吸器を外したら死んでしまうが、ヒョンウは延命治療を望んでいない。しかし病名も分からず回復の見込みがないことも明確でない状態では、法律上、呼吸器を外すことはできない。家族の意見を聞くと、ヒョンウの父親は何としてでも助けてほしいと言い、ヒョンウの妻は本人の意思を尊重したいと言う。
第5話 21グラム 魂の重さシヨンと父親のイスはロッククライミングをしていたが、イスが崖から落ちてしまう。携帯が通じず、救急隊に連絡もできない中、イスの容体はどんどん悪化していく。当時のことをシヨンは思い出し、集中治療室にいるイスが苦しんでいるから心臓マッサージをやめるように言う。ミレはそんなシヨンを、自分が楽になりたいからではないかと責める。脳死状態ではないため、延命治療を止めたら尊厳死扱いになると聞いたテギョンは…
第6話 苦痛のない世界病院へやってきたソッキがシヨンと話しているのを見たヨハンは、離れろと電話で言う。3年ぶりに再会した2人。病院まで押しかけてきて何が望みかと問うヨハンに、ソッキは何もしてほしくないのだと答える。一方ウンジョンはソッキに会い、ヨハンを採用したのはテギョンだと説明し、その理由を探り始める。ヨハンとのつながりは何もないはずなのに、なぜ強固に採用したのか不思議に思う。
第7話 秘密とうそユジュンは店から飛び出していったミレに電話して、自分が医者になった理由を話しながら元気づける。一方、ヨハンの研究室で偶然ヨハンの記録を見てしまったシヨンは、彼が無痛症の患者であることを知り戸惑う。そんなシヨンにヨハンは父親も同じ病気だったことを伝える。たくさんの患者を診るためにも無痛症という事実を周囲に隠してきたことをシヨンに話し、この秘密を誰にも言わないでほしいとお願いする。
第8話 誰かを理解するということはニパウイルスに感染した疑いのある患者が現れ、診療をしていた医療スタッフと患者は疼痛医学センターに隔離されてしまう。その場にいなかったヨハンとミレは中に入ることができない。ヨハンは自分が防護服を着て中に入ると言うが、クォン教授とミン科長に反対される。そこへ小児糖尿病患者の母親がやって来る。中にいる娘に何か食べさせないとまずいことになると聞き、それを口実にヨハンはセンターの中へ入るのだが…

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ