番組審議会



平成28年度平成27年度<第2回>平成27年度<第1回>平成26年度<第2回>平成26年度<第1回>平成25年度平成24年度<第2回>
平成24年度<第1回>平成23年度<第2回>平成23年度<第1回>平成22年度<第4回>平成22年度<第3回>平成22年度<第2回>平成22年度<第1回>
平成21年度<第2回>平成21年度<第1回>


平成24年度11月KNTV番組審議会

1)開催年月日 2012年11月19日(月曜日)11:00 ~ 12:00

2)開催場所 KNTV 株式会社(東京都港区北青山 3-3-5-3F)会議室

3)出 席 者 ■番組審議委員:6名出席(1名欠席)
皇達也、小野寺重之、五十嵐信弥、片岡朋行、土田真樹 朴成鎭 敬称略

■KNTV 株式会社:4名出席 閔丙浩、長谷川一郎、鄭慈姫、鄭仙蓮

4)議 案 韓国ドラマ『ファントム』について

5)審 議 上記議案に関して審議を実施した。審議内容については下記の通り。

当 社 開始宣言 11:00
皆様、本日はお忙しい中、お集まり頂きまして、誠に有り難うございます。
新社長の閔丙浩(ミン・ビョンホ)と申します。宜しくお願いいたします。
皆様このドラマの第一話、第二話を御視聴頂きましたでしょうか。
まず、ドラマ『ファントム』につきまして簡単に御説明致します。

当 社 ドラマ『ファントム』のあらすじ、登場人物等の説明。

当 社 今後、KNTV がより一層の発展を遂げるためにも、番組審議委員の皆様から ご意見を頂戴し参考にさせて頂きたいと考えておりますので、宜しくお願い申しあげます。

委 員 久々に韓国らしいダイナミックな出来上がりであり、映画のような感じで非常に良いと思いました。現代社会においてインターネットに関する問題を非常に分かりやすく描かれたドラマであり、脚本、演出が非常に良く、完成度の高い作品と思いました。ここ 2 年間で一番良いドラマではないでしょうか。もっと宣伝しては如何でしょうか。

委 員 日本のドラマの様に1話完結タイプではなく、韓国ドラマは長いレンジで
の撮影となるので、映画と同じような感覚で非常に見応えがあります。『ファントム』も20話で完結する形となっていて、本当にいいドラマだと思います。 韓国歴史ドラマであれば、話数も多く、衣装、オープンセットにも大がかりに制作され非常にダナミックな出来上がりです。現代もので、『ファントム』の様なダイナミックさが出ているのは初めてではないでしょうか。 KNTV に加入されていない方々にももっと見て頂きたい良い作品と思います。もっと宣伝された方がよいのではないでしょうか。

委 員 従来の韓国ドラマからすると『ファントム』は進化し過ぎており、以前からの韓国ドラマファンの視聴者様に理解されますでしょうか。

当 社 この作家さんは元々映画の作家でしたし、昨年のヒット作『サイン』も手がけられております。韓国での視聴率は20%を超え、40,50代の女性ファンがその中心を占めていたので、日本でも韓流ドラマを引っ張っている 40,50代女性の支持が得られるのではと思いまして、このドラマの購入を決定致しました。

委 員 私は50代ですが、始めインターネット関連について行けるのかと思いましたが、取り上げられている話題が現在、日本でも実際に起きている問題もあり、 非常に興味を持って見ることが出来ています。

委 員 日本でも50代、60代がインターネットを使っておりますが、まだまだその怖さが分かっていないのではと思います。このドラマ『ファントム』がその怖さを教えてくれるのではと思います。

当 社 ストーリーがとても分かりやすく、ラブストーリー無しのストーリーだけで 進めている点、『サイン』の場合同様ですが、新しいジャンルが出来るのではないでしょうか。

委 員 綺麗なイ・ヨニさんとハンサムなソ・ジソブさんが上司部下の関係であり、すぐにラブストーリーに発展するのかと思いましたが、ストーリー展開だけなのですね。また、ストーリーが面白く、毎回次の回が気になってしまいます。 恋愛描写を抑えた新しいジャンルが出来ることは KNTV にとってもいいことですね。それにしてもソ・ジソブさんのスーツ姿がいいですね。

当 社 『ファントム』の作家さんはインターネットの書き込みを見て、書き換えるのではなく、20話を撮影前に全て描いている点からストーリーがとても分かりやすく出来ていると思います。 犯人は最終回でやっと分かる様に作られているので、毎回この人が犯人だと思っても異なり、次回が非常に気になる構成になっております。

委 員 作家さんの方がインターネットに詳しくないと言う事を聞きましたが、その関係から皆さんに分かりやすくなる様に書かれているのではないでしょうか。

委 員 ストーリーも大事ですが、そのストーリーの中でどんな人間ドラマが描けるかが鍵となり、日本の視聴者に受け入れられるか否かの分かれ目になると思います。御視聴者様からはどんな御意見が出ていますでしょうか。

当 社 9 月 24 日、練馬文化センターでの『ファントム』試写会に主人公のソ・ジソ ブさんと監督のキム・ヒョンシクさんをお招きしたのですが、1400名の席に対して2倍強の応募がありました。御来場者の殆どが40代、50代の女性でした。お客様からの評価はストーリーが面白い。また、ソ・ジソブさんのスーツ姿が惚れ惚れする。との御意見が多いです。

委 員 韓国ドラマは1話制作するのに幾ら投資されているのでしょうか。 有名な俳優さん、脚本家の報酬が非常に高額と聞いております。

委 員 日本のドラマの制作費よりも高額と聞いた事があります。
『ファントム』は出来上がりが良いですし、現代の最も身近な問題が描かれていますね。

当 社 多数のチャンネル様で韓流ドラマを扱う現状では、韓流ドラマの価格が年々高騰し続けております。日本のドラマ、アメリカドラマ、台湾ドラマなどに分散するともっと価格も下がるのですが、現状では韓流ドラマは非常に高額な状況となり当社も困惑しているところです。 本日は多くのご意見を頂戴しまして誠に有り難うございます。
今後もよろしくお願い申しあげます。
以上で番組審議委員会を終了いたします。


ページの先頭へ